NPO・ボランティアセンターを通じて活動した企業や学校を紹介します。
「ボランティアがほしい団体」と「ボランティアしたい企業・学校」をつなげます。

企業の社会貢献:国際石油開発帝石グループ

~社会貢献活動で従業員の意識が変わる~

 

国際石油開発帝石グループトッピンッグ・プラント株式会社  23年10月10日

 

 

 

新潟県内を中心に原油を精製分離し、石油製品を出荷している

帝石トッピング・プラント株式会社は、毎月1回本社頸城製油所や

直江津オイルターミナル周辺の清掃活動を行い、4年間で延べ

1,200名の職員が汗を流しています。

 

 

また、県立大潟水と森公園の草刈りや高速道路側道

クリーン作戦などのボランティア活動にも職員自らが参加。

会社と一体となって地元との交流連携を深めています。

 

20111010_帝国グループ_main1.jpg

クリーン作戦に参加する従業員

 

 

同社は有給休暇とは別にボランティア休暇制度を設けており

従業員に対する福利厚生が充実されていることも特徴です。

 

 

職員はこの休暇制度を利用し、東日本大震災の

復興支援ボランティアバスにも参加。

夏の忙しい時期にも関わらず、「上越発ボランティアバス」の

案内を社内に告知。職員の参加を募るとともに平日3日休暇を与え

社会貢献活動を支援、実施8回のボランティアバス運行のなか

3回にわたり7名を送りだしています。

 

 

 

また、平成20年エコアクション21の認証を取得。

社内に健康・安全・環境を専門的に統括する委員会を設置し

職員への徹底を図り環境保全活動や、社会貢献活動を推進しています。

 

 

頸城製油所長 藤井政和さんは

「帝石グループの企業理念に基づき、安心・安全・安定をモットーに

石油製品を供給することを合わせ、地域住民の信頼を築くことは

企業にとって重要なこと。社員の社会貢献意識をこれからも深めていきたい」

と話します。

 

20111010_帝国グループ_main2.jpg

藤井所長(右から2番目)をはじめ社会貢献を推進するメンバー

 

 

出典: NPOPRESS 平成23年10月10日号