NPO・ボランティアセンターは、ボランティア活動やNPO活動など市民の自発的な活動を支援・促進する拠点の施設です。

ボランティア基礎知識

ボランティアって?

 

 
ボランティアは、地域や社会の中で自分以外の誰かのために役立ち、見返りや報酬を期待しない、個人の自発的な活動です。
自分の暮らしの中にある、困ったこと、こうだったらもっと暮らしやすいのにと思うこと、そういったことを解決していくために行動することが、ボランティア、NPOの活動です。
 
ボランティアって?

 

 

絶対に守ってほしいこと

 

ボランティアが成功し、人に喜ばれるのは、きちんと責任を果たす活動の積み重ねによって信頼されるからです。

 

- 約束を守る - 相手と決めた約束・時間等は必ず守りましょう。やむをえず変更する場合は、きちんと相手に伝えましょう。

 

- 秘密を守る - 活動をとおして、相手のプライバシーについて知ることがあります。そこで知ったことを、他の人に話してはいけません。

 

 

心がけておきたいこと

 

まずは、自分にできることから、身の回りから、はじめよう!

 

 

 

つづけていくためのヒント

 

- 仲間を増やそう - 一人ではできなくても、一緒に活動する仲間がいればできることもあります。

 

仲間を増やそう

 

- 絶えず学ぼう - 時には、知識や技術も必要なことがあります。分からないことがあったら、周りの人に質問しましょう。

 

- 記録をつけよう - 時々、仲間と一緒に振り返り、専門的な人からもアドバイスを受けましょう。記録は、思い出や励みになります。

 

NPOなど市民活動の広がりとともに、ボランティアなどの社会活動に参加する人が増えています。会社員、企業経営者、学生、主婦など、実に多様な人たちが参加を始めています。
なぜボランティアに参加するのでしょうか?
ボランティアと聞くと、慈善や奉仕といった崇高な精神を思い浮かべる人もいるかもしれません。実際は「知人に誘われた」「少し時間があるから」など気軽に参加している人も多いようです。でもその参加が社会を良くしていく原動力になると私たちは考えます。
 
自然災害が起こると被災地には全国から多くのボランティアが駆けつけます。ボランティアだけでなく、救援物資や義援金も集まります。報道などで被災地の情報を知ることで、「居ても立ってもいられない」「何か自分にできることはないか」という気持ちが起こり、行動を後押しします。
私たちが日々暮らす地域や社会でも多くの課題があり、その解決のためにNPOや市民活動団体が活動しています。「困っている人をなんとかしたい」「もっとこうだったら良いのに」という思いは、災害時も日常も一緒。問題(災害)の当事者(被災者)に寄り添えば、無関心ではいられないし、参加して初めて見えてくることがあります。
 
私たちはボランティアや活動を通して、地域や社会に関わっていくことできます。そうして自らもその一員であることをより強く実感できる。多くの人が参加することでより良い社会を実現できるのかもしれません。
 
 
いきなり「ボランティア」と言われても「時間がない」「ちょっと照れくさい」という人もいるかもしれません。
社会活動への参加の方法はボランティアだけではありません。自分が共感する活動に賛同し、側面から支援することも、その活動にとって大きな力になります。
 
また、実際のボランティア活動の際は、万が一の事故やケガに備えるため、『ボランティア活動保険』に加入することをお勧めします。詳細については上越市社会福祉協議会(Tel. 025-526-1515)へ直接お問い合わせください。
 
参加しよう、市民活動